タンクトップの重ね着に開眼

マスタードイエローとカーキのタンクトプのレイヤード 少ない服

職場に合わせてファッションもカジュアルダウン

もう40代も半ば。今まで割と『きれい目』な服装を選ぶように心がけてきた。転職前は少々硬めの職場に勤めていたため、そのような服装がしっくりきていたのだ。

現在はその頃とは真逆のカジュアルなオフィス。一緒に働く人たちの年齢もグッと下がった。メインは30代前半から20代後半の人たちで、悲しいかな、私なぞは長老レベルの立ち位置だ。

その様な環境でこれ以上悪目立ち(?)しないよう、今までの『きれい目』ファッションから、職場の雰囲気に合わせてカジュアルダウンすることにした。

今さらだけど、タンクトップの重ね着にトライ

手元のトップスは合わせやすさを優先して、紺や黒などのダークカラーがほとんど。久しぶりに明るい色のセーターが着たい気分だ。

そこで手に取ったプチプラのからし色セーターと、カーキのタンクトップを合わせるのが最近のお気に入り。セーターは毛玉の出にくい仕様とあり、安い服の1番のリスクである毛玉はとりあえず避けられそうと購入した。

これまで『首元からタンクトップチラ見せ』は年齢的に発禁と自主規制してきたスタイル。それがいったん解禁になると、タンクトップがあるのとないのでは、おしゃれっぽさが全然違うことに気づいたのである。

タンクトップを変えるだけのマイナーチェンジで着回しも

タンクトップはとても安価で扱いやすいアイテムだ。色違いを増やせば少ない服で着回しもかなう。なんで今までチャレンジしなかったんだろう?

このセーターに合わせるならカーキ以外に何色かな?

白、茶色、オレンジ、グリーン、バーガンディー・・・。

アラフォーになって初めてトライしたタンクトップの重ね着が、今の私のファッション的マイブームなのである。