大人のたしなみ、 “色気” のある梨のガーゼハンカチを忍ばせて

ナタリー・レテの梨のガーゼハンカチ ココロの栄養

物をたくさん所持しているのが面倒に感じる性格ゆえ、新しく物を買うときの基準は高め。

それでもごくたまに、あらゆる “買わない理由” をすっ飛ばして、『素敵!』『欲しい!』と感じる物との出会いがある。

梨の模様がプリントされた、ナタリー・レテのガーゼハンカチがまさにそう。

日用品に一滴の潤いを。 “色気” を感じる梨のガーゼハンカチ

この色気はなんだろう……。

 

黄みがかった生成り色の上に、梨の柄が大胆にプリントされたハンカチ。赤、黄、緑、茶の配色は、普段なら手に取ることもないような色の組み合わせ。

 

ああ、なのに。なぜかやたらに惹かれてしまう。ノスタルジックな配色と、手描きの梨のプリントに。

“かわいい”とは違う、 “毒気” が迷子のふりをして入り込んだ、色気のあるデザイン。どことなく、草間彌生のエッセンスも感じられる。

ナタリー・レテはフランスのアーティスト。グッチとのコラボアイテムもあり

ナタリー・レテのガーゼハンカチ

縫い付けられたタグに記されたNathalie Lete(ナタリー・レテ)は、このハンカチをデザインしたアーティストの名前だった。

GUCCIとのコラボ作品があったり、その界隈では有名なフランスの方のよう。

 

こちらのハンカチを手に取ったショップでは、同シリーズでほかに2種類の選択肢しかなかった。

なるほど、ネットでそれ以外の図柄を見てみると、このショップのテイストとは毛色が異なっている。他のガーリーなデザインは、あえて店頭のセレクトから外されていたのだ。

 

もし全柄揃って店頭に並んでいたら、まったく反応することなく見過ごしていたかもしれない。

梨は “不死” “繁栄” の象徴

ちなみに、古代中国では、梨は “不死” や “繁栄” の象徴だったという。

 

一方で、梨には “別離” の意味もあるようで、ひとつの梨を友人や恋人同士で分け合うのはご法度だそう……。

世のご主人がた、食卓に梨が頻回登場するようになったらお気を付けを(笑)

アイロンがけは省いても、ハンケチを忘れるべからず

ナタリー・レテのなしのハンカチにかごバッグを合わせて

ハンドドライヤーの普及で、ハンカチを常備している人は今どき少数派のように感じる。アイロンをかける時間も惜しいというのが、今の時代の趨勢(すうせい)だ。

 

だからおすすめは洗いっぱなしでOKのガーゼハンカチ。洗ってすぐにピーンと引っ張って、干しておくだけでいいんだから。楽チン!

むしろこの手はアイロンかけたらちょっと野暮ったい。乾いたら、無造作にかごやバッグに突っ込めばよし(雑ww!)

大人のたしなみとしてのハンカチ

持ち物は減らしたいけど、そうまでしてハンカチを持ちたいのには理由があって。

 

やはりハンカチがあるのとないのでは、外出時の心の余裕度合いがまったく違う。

ハンドドライヤーがないときに、髪を直すふりしてそそくさとその場を離れる “敗北感”たるや! やっぱり大人女子は、面倒でもハンカチ(ミニタオルでもいい)はバッグに常備したいところ。

 

着ている服がシンプルなぶん、ハンカチのような小さな面積で柄やカラーを投入するのも楽しい。

偶然出会ったナタリー・レテのハンカチに、大人の密やかなお洒落心を満たされている。